PHPの && と and

先日PHPにの論理演算子の論理積と論理和には2種類あることを知りました。ということで、今回は PHP での && と and の違いについての覚書きです。

PHPで使われる論理演算子の種類

PHPで使われる論理演算子には6種類あります。下に優先度順に並べてみました。ここで注意したいのは論理積と論理和にはアルファベットで書くものと記号で書くのものの2つあることです。


論理否定 !
論理積 &&
論理和 ||
論理積 and
排他的論理和 xor
論理和 or

参考サイト:PHP: 演算子の優先順位 - Manual

&& と and 、|| と or の違い

上記表を見るとアルファベットと記号の論理演算子の違いは優先度であるとこが分かります。どうやらアルファベットの方が優先度が低いようです。

表では比較演算子や代入演算子の項目を省きましたが、アルファベットの論理演算子は「= += -= *= **= /= .= %= &= |= ^= <<= >>=」などの代入演算子よりも優先度が低いようです。

個人的にアルファベットと記号の書き方を混在させると混乱しそうだと感じました。今までみたことあるPHP コードにもアルファベットの書き方を見かけたことないので、あまり使われない記法なのかな…。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ